ボリウッド 9タイトル 追加 5/8 '17

       ****** 8日に 9タイトル、ボリウッド映画DVD を 追加しました! ******

-- 1 --   RAEES  ----  2017年1月公開  

 ライース。 富める者、リッチな人、貴人 という意味であり、主人公の名前でもあります。

 主人公ライース役はシャールク カーン です。 舞台は飲酒を禁止しているグジャラート州。

 ライース少年は貧しい生活から抜けたい為 ギャングから仕事をもらいます。
 喧嘩に強く、相手を殺すことも。 違法な酒を売りさばき、権力を拡大させます。

 今回のキャラは 通常、ヒーローに倒される 華やかさは控えめの 男臭い悪役です。

 ヒロイン役は ボリ映画への出演は初めてのパキスタン女優マヒラー カーン。 アイテムソングに サニーリーオーンも起用しています。

-- 2 --   FORCE 2  ----  2016年11月公開

 主演は前作と同じ ジョン アプラハム。 ジョンスパイ系のアクション&スリラー映画です。

 1作目は2011年。 ジョンが演じるヤシュは 政府が雇っているスパイです。

 今作は内部情報が漏れたことと 相次いで同僚が亡くなった為、その原因を探ることに。

 ヤシュの相棒役はソーナークシー (ソナクシ)シンハー。

 アクションだけでなく、制作費をそれなりに使っているので異国の風景や映像も楽しめます。

-- 3 --  M.S. DHONI  The Untold Story  ----  2016年9月公開

 現役の大スター クリケット選手、ドーニ。
 恋の話や 語られなかった話をドラマにした映画です。 

 81年生まれの マヘンドラ シン ドーニ。
 クリケット選手として 一番稼いでいる 実力ある選手です。

 ドーニを演じるのは PKの助演役だった スシャーント シン ラージプット 。  
 スポーツ映画のジャンルでは 大ヒットした映画です。

 現役選手ドーニの魅力だけでなく、演じているスシャーントにピッタリの役で いい仕上がりです。

-- 4 --   OK JAANU   ----  2017年1月公開  

 OK ジャヌー (ダーリン)。
 アディティヤ ロイ カプール と シュラッダー カプール が コンビの ラブストーリー。

 2013年、邦題 『 愛するがゆえに 』 Aashiqui 2 の共演で 好評でした。

 友人の結婚式で出会った2人。
 2人とも近々海外で勉強し、プロとして仕事をしたいと思っていますが同棲生活を始めます。

 シュラッダーの演じるターラーは 普段着が素敵なお洒落さんです。  舞台はムンバイ。
 2人の生活スタイル、知人がリアルだったらとても素敵。 憧れるかも。
 2015年のタミル映画 『 O Kadhal Kanmani 』 の リメイクです。  

-- 5 --   COMMANDO 2  The Black Money Trail  ----  2017年3月公開  

 アクションムービーです。 1作目は2013年に公開。 単作で楽しめます。      

 内容はサブタイトル通り。  主人公の使命は 怪しい資金の追跡です。

 主人公ランヴィール役は 引き続き ヴィディユト ジャームワールです。

 1作目は 厳しい訓練、試練を耐え抜いて誕生したランヴィールが見どころです。

 今作も 鍛えている人にしかできないアクションシーンばかりですが、前作より少し上品。
 ターゲットはグローバルに活躍している人。 ワイルドさは前作のほうが感じるかも?

-- 6 --   BEFIKRE   ----  2016年12月公開  

 ビーフィクレ。  ロマンチックコメディーです。   

 ランヴィール シン が演じるダラムはデリー出身。 フランスでコメディアンとして修行中。

 ヴァーニー カプール が演じるシャイラは フランスで育ったインド人。

 老若を問わず、キス、ハグを気軽にしている人々。 そんな映像からストーリーが始まります。

 そんなフランスで出会った2人。 ストーリーは過去に戻ったり現在に戻ったり。 ラストが2回? ありますので最後まで観てね。

 フランスの都会と田舎。 色々な所で撮影していますので 異国の風景も楽しめる映画です。

-- 7 --    JOLLY LLB 2 ----  2017年2月公開  

 正式のタイトル名は The State vs Jolly LL.B 2 です。   

 1作目は2013年。 ジョリー役の俳優が交代した 変わったスタイルの2作目。

 まだ半人前の弁護士、ジョリーの役は
 前回 アルシャド ワールシー でしたが 今作は アクシャイ クマール です。

 ジョリーは軽率な言動の多い人物。 なぜ弁護士になりたいのか疑問に思うキャラです。
 助手程度のヒヨッ子ですが、自分の軽率な言動のせいで悲しい出来事が起こります。
 ジョリーは償うつもりで 亡くなった女性が追求し、解決したかった事件に取り組みます。

 ジョリーが追求し始めた事は深刻なものですが 前回と同様、色々と皮肉を交えながら コミカルさをベースに ストーリーを仕上げています。

-- 8 --   TUM BIN II   ----  2016年11月公開     *  トレイラー  *

 英訳は Without you 2。 単作で楽しめます。 前作は随分前、2001年です。 

 ネハ シャルマーが演じる タラン。 スキーに出かけるも、婚約者が雪崩に巻き込まれ 行方不明に。

 行方不明のままの彼氏。 やがて 優しくてリッチな男性と知り合い、付き合い始めます。
 元彼のことは忘れないと、と思った頃、スキー場で行方不明になった彼が戻ってきます。 

 婚約者が2人になったタラン。 男達は タランの決意を根気よ〜〜く待ちます。

 男性にとってイライラする展開と思われる、苦悩の決断を迫られた女性のラブストーリーです。

-- 9 --  MOH MAYA MONEY  ----  2016年11月公開      *  トレイラー  *

 モホ マヤ マニー。   タイトルの英訳は In Greed (貪欲) We Trust。 

 ランヴィール ショーレイ が演じる不動産業を営む男。 セレブな生活に憧れ、強引に富を手に入れます。
 その後、人生の歯車が狂い、人間関係はこじれ、さらに凶悪な行為に手を染めてしまいます。 彼女役は ネハ ドゥピア。
 2人の関係は最後どうなる
*******************************************************************************************************
追加した映画は以上です。 1作目から随分経ってのパート2、が続々公開されていますが、ほとんど、前作観てなくても楽しめます。

好評であっても ヒットしていないなかった映画も多いです。
制作者側にメリットがあるからシリーズ化していると思いますが、今回紹介した JOLLY LLB 2 は ジョリー役が交代しました。
ジョリー役が アルシャドよりもファンが多いであろうアクシャイに。  お互い大人な対応をしていますが、複雑な気持ちだろ〜な。

今回 一番のお勧めはありません。 それぞれ 違う内容で 力作揃いです。 
人気俳優×人気女優でメガヒットを狙った配役にしていない、、注目してほしい俳優が主演、等 どの映画も配役で挑戦してます。

ところで、『 バーフバリ 伝説誕生 』 は 鑑賞しましたか? 日本語ウィキペディア にて どこで撮影したのか、等 詳しく書かれています。

インド映画の興行収益ランキング ( ウィキ )。 上位はヒンディー語映画が占めていましたが、バーフバリが公開されトップ10入りに。

南インド (テルグ&タミル) の バーフバリ。 パート2が今年、4月28日に公開。
公開され、まだ一ヶ月経っていないですが、2014年の大ヒット ヒンディー映画 『 PK 』を超えて ぶっちぎりの 第1位 です びっくり

    

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

★ お勧めリンク ・ 動画 ★

夜空が明るくなっていくワケ
別バージョン 中国、英語字幕
ファラオ≒オバマ?
    (魂は地球人と推測)
選ばれし者=空母に乗るは危険
↑ 本物の人間になりたい 海賊はかっこイイんだぜ! を洗脳している 人肉大好き ドロボー爬虫類に騙されるな!
妖怪人間 (なりすまし人型 )
自称? 清いお姫様 は 妖怪人間
++ 本物の人型さん達へ ++
宇宙への旅立ち
↑ 日本政府により 警告もなく? 強制削除されたらしい
宇宙への旅立ち 2月2015〜
アセンションに向けて

ケララの Efson International
素材屋カララバ

おすすめの雑貨ショップ ミンネ



archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM







ブログランキング・にほんブログ村へ